シックハウス予防|シックハウス対策 ホルムアルデヒド除去 化学物質過敏症対策

エムケイエコは天然素材100%です
ヘッダー下部画像

室内イメージ写真

シックハウスとは、建材や家具などから発生する有害物質が人体に悪影響を及ぼし、化学物質過敏症(シックハウス症)などの症状を引き起こすことであり、一度アレルギーを引き起こしてしまうと化学物質に対して非常に過敏となり、原因物質以外の化学物質にもアレルギー反応を起こす場合が多く見受けられます。

シックハウスの悪影響については、個人差があり、症状が現れるかどうかは人によってまちまちですが、室内の空気が汚染されていれば、人体に直接かつ即時に影響があることは言うまでもありません。


このようなシックハウスの一般的な原因をあげてみましょう。

次への矢印

▲このページの上部へ戻る

室内には、床材や壁紙といった建材の他カーテンやカーペット、家具、移動式石油ファンヒーターなど、ホルムアルデヒドなどの有害物質を放出するものがたくさんあります。


「F☆☆☆☆合板を使用しているから大丈夫」とよく聞きますが、確かに合板の表面にはキャッチャー剤という化学物質を吸着するものが塗装されています。しかし、合板をカットするとホルムアルデヒドなどの有害物質は発生してしまいます。今の住宅を機器で測定すると、やはりホルムアルデヒドが発生していました。残念ながら、F☆☆☆☆合板を使用していても安全ではないのです。

そのような点から考えて、シックハウス対策として改正された建築基準法を守ることは、対策の十分条件ではなく、あくまで必要条件に過ぎないと考えられます。

※その他、車からもホルムアルデヒドなどの有害物質が発生しています。詳しくは下記をクリック! シックカーについてはコチラ

▲このページの上部へ戻る


▲このページの上部へ戻る

ホルムアルデヒドは、水素・炭素・酸素原子からできているHCHOという刺激臭のある無色の気体です。
発ガン性で、人体には口・皮膚から吸収され、様々な症状を起こします。

ホルムアルデヒドは空気より重いので、天井に比べて床のほうが濃度が濃くなります。

※室内だけかと思われがちなホルムアルデヒドですが、車内の方が何倍も多く発生し、またその他の有害化学物質も多く発生しています。→詳しくはコチラをクリック!

■大きく分けて、下記のような建材がホルムアルデヒドの発散材料といわれています。

1)合板2)木質系フローリング3)構造用パネル
4)集成剤5)単板積層剤6)パーティクルボード
7)MDF8)その他の木質建材9)ユリア樹脂板
10)壁紙11)接着剤12)保温材
13)緩衝剤14)断熱材15)塗料
16)仕上げ塗料 など
一度ホルムアルデヒドが発生してしまうと、10年経過した住宅でも無くなることはありません。

またホルムアルデヒドは、室内の温度に比例し、上昇すれば濃度も高くなり、下降すれば濃度も低くなります。よって、6〜8月ごろのホルムアルデヒドの濃度がもっとも高く、逆に12月〜2月がもっとも低くなります。引越し時に基準値を下回った住宅でも、引渡し時期などの状況よりホルムアルデヒド濃度は大きく変動することがあります。

室内写真

国際ガン研究機関は、ホルムアルデヒドを「人に対して発ガン危険性が認められる化学物質」として5段階分類中最も高い1番目に分類し、将来ガンに倒れるリスクが高い物質であることを発表しています。
(※2016年2月1日)

グループ 人間に対する発ガン性の分類基準
発ガン性がある
(Carcinogenic)
2A おそらく発ガン性がある
(Probably Carcinogenic)
2B 発ガン性があるかもしれない
(Possibly Carcinogenic)
発ガン性があるともないともいえない
(Not Classifiable as to its Carcinogenic)
おそらく発ガン性がない
(Probably Not Carcinogenic)

▲このページの上部へ戻る

子供部屋で、7割以上がシックハウスという衝撃的な調査結果が発表されています。
子供(0〜5歳児)は、1日のうち80%の時間を室内で過ごすため、ホルムアルデヒドを長時間吸収すれば白血病が容易に誘発される危険性を指摘しています。

赤ちゃんと子供たちのイラスト


特に妊娠している女性

母体内で成長しているとき、室内や車内の有害化学物質で汚染された空気を吸うこと(口や皮膚から浸透)で、幼児の奇形・白血病・喘息・アトピーなどのシックハウス症にかかる危険性が高くなります。

妊婦さんのイラスト


▲このページの上部へ戻る

これだけ室内健康(環境)問題が大きく取り上げられているにもかかわらず、居住者の健康に害を及ぼす危険性は十分に残っていると考えられます。皆が健康で安心して暮らすためには、ホルムアルデヒドなど有害物質を長時間除去し続けるものが必要になってきます。

エムケイエコ写真


コスモインターナショナルでは、そこに注目し研究開発したのがエムケイエコ(特許第4195669号)なのです。

室内……壁や家具に30cmほど離して、スプレーしてください。
車………シート、マット、エアコンの噴出し口に、スプレーしてください。

天然素材100%で、アトピーや化学物質過敏症の方も安心して使用できます。
安全性について……人体に影響ある成分(微生物)は含まれておりません。
一般細菌、大腸菌、カドミウム、ヒ素、鉛、クロム………………不検出

▲このページの上部へ戻る